一楽ラーメン|漫画『NARUTO』に登場|福岡市東区箱崎




 

『NARUTO』と一楽

世界的に人気の日本漫画『NARUTO』。週刊少年ジャンプでは15年間も連載された人気作だ。

その『NARUTO』の主人公うずまきナルトの好物はラーメン。ご存知の方も多いかもしれないが、作中でよく出てくるラーメン屋さん「一楽」は実在するお店である。

作者の岸本斉史が九州産業大学に通っていた時、その味に惚れ込み、大学の近くにあった一楽によく通っていたそうだ。そんな縁もあり、『NARUTO』には度々、一楽が登場する。16巻では表紙にも登場した位だ。


NARUTO -ナルト- 16 (ジャンプコミックス)

上記に”あった”と過去形になっているのは、岸本斉史が通っていた「一楽ラーメン 九産大前店」は既に閉店しているからだ。

しかし、一楽には他にも支店がある。

調べてみた限り、現在では名島店(東区箱崎)、松島店(東区松島)、箱崎店(東区箱崎ふ頭)、粕屋店(糟屋郡粕屋町)、志免店(糟屋郡志免町)の5店舗がある。

今回はその中から東区にある名島店へ行ってきた。

一楽ラーメン名島店

一楽ラーメン名島店があるのは、東区のシンボルでもある名島橋のすぐ近くだ。オレンジ色の屋根が目印。

こちらが店内の雰囲気。どことなく昭和な雰囲気が漂っている。その感じがまた良い。

席はカウンター(14席)の他、テーブル席(34席)もある。

注文は食券制となっている。食券機は入って左へまっすぐ行った場所にある。

テーブルの上には灰皿が置かれていた。今の時代には珍しく喫煙可のようだ。

こちらがメニュー表。ラーメンは500円とリーズナブルな価格設定。漫画『NARUTO』の影響からか、主人公うずまきナルトの好物である味噌チャーシューメン(850円)を頼む人が結構多くいた。

因みにメニュー表を見ると、味噌チャーシューメンの替え玉は細麺になるようだ。味噌でも替え玉できるのが、いかにも福岡っぽい。

とんこつラーメンが好きな私は迷わず、とんこつを注文。こちらがその写真。

スープは濃厚ながらさっぱりとしていた。チャーシューはとろみがありボリュームもあった。麺も細麺ながらコシがあり、食べやすい。

スルッと食べてサッと替え玉。替え玉はステンレスの容器に入って出てきた。

こちらもすぐにペロリ。

満腹になっても料金は630円(ラーメン500円、替え玉130円)。美味しいものを安い値段で食べられるとなぜか得した気分になる。

今度は、うずまきナルトの好物・味噌チャーシューメンにも挑戦したいものだ。

営業時間・駐車場

営業時間
11:00~21:30(金曜が定休日)

駐車場
駐車場は店の敷地内に3〜4台程。道を挟んですぐの場所にも5台分ほど駐車スペースがある。

アクセス

住所:福岡県福岡市東区箱崎7-4-2