天神イムズ跡地は何ができる?|新ビルの概要発表|新旧の比較|福岡

天神イムズ跡地の新ビル




2021年8月に閉館したイムズ(IMS)

やっとでイムズ跡地の新ビル構想が発表されました。

今回は

  • 新ビルの概要
  • 新旧ビルの比較

を中心にお伝えします。

その他、イムズと一緒に解体されると勘違いしている人も多い(?)”あのビル”の話もします。

新ビルの概要

まずは新ビルの概要から。

天神イムズ跡地の新ビルこちらがイムズ跡地の新ビル完成イメージ↑

ご覧の通り、外観は木材をふんだんに使っています。

この木材は九州産のものを使用する予定だそうです。

天神イムズ跡地の新ビルこちらは福岡市役所方面から見た完成イメージ↑

着工は2023年7月完成は2026年3月を予定。

気になる新ビルの名称ですが、現時点ではまだ決まっていません。

イムズ同様、新ビルも三菱地所が手がけます。

新ビルの詳細↓

  • 高さ91メートル
  • 地上20階
  • 地下4階
  • 延べ床面積 約7万4千平方メートル

イムズ跡地新ビルこちらは新ビルのフロアガイド↑

イムズはたくさんのお店が入居していましたが、新ビルはオフィス中心となります。

また、1〜3Fの一部と上層階にホテルが入るのが大きな特徴になります。

イムズの概要

ここからは現在解体中のイムズの概要

数字で新旧ビルを比較しましょう。

天神イムズ在りし日のイムズの姿↑

イムズは1989年に開館し、2021年に閉館しました。

イムズの詳細↓

  • 高さ66メートル
  • 地上14階
  • 地下4階建
  • 延べ床面積 約4万5千平方メートル

新ビルはイムズに比べ25メートルも高くなります。

これは、再開発促進事業「天神ビッグバン」の規制緩和を受けてのもの。

延べ床面積に関しては約4万平方メートルも広くなります。

意外と知られてない?あのビルの今後

ここからは冒頭でもお伝えした通り、意外と勘違いしている人が多い(?)あのビルについて。

天神イムズ跡地の新ビル改めて新ビルの完成イメージを確認しましょう↑

何か違和感を感じませんか?

新ビルの真ん前に何か細長いビルが建っているではないか?

実はこれは天神愛眼ビル

天神愛眼ビルはイムズの真隣に建っており、外壁の色も似ていたことから、「イムズと一体型のビル → 一緒に解体される」と勘違いしている人が少なからずいるようです。

天神イムズ改めて以前のイムズの写真を見ると、イムズと天神愛眼ビルは独立しているのがわかります。

天神愛眼ビルとイムズこちらは解体中のイムズと天神愛眼ビル。

ご覧のように天神愛眼ビルはそのままの形で残っており、現在も営業しています。

それにしてもこの2つのビルは近すぎますね・・・。

新ビルは木材をふんだんに使って色が違うため、天神愛眼ビルが目立ちそうです。

まとめ

以上、イムズ跡地の新ビル構想についてでした。

天神ビッグバン 天神イムズイムズといえば、屋上に展望台があり、そこから変わり行く天神の様子を見ることができました。

時々、近くを通るたびに展望台に行っていたのですが、まさかイムズ自体が解体されるとは思ってもいませんでした。

イムズを懐かしく思う方は、こちらの記事をご覧ください↓

天神イムズ|館内の雰囲気|フロアガイド|駐車場料金|写真

天神イムズの無料展望台|スカイガーデン|利用時間・場所|写真