元祖長浜屋の袋麺|内容&食べた感想|マルタイ|豚骨ラーメン

元祖長浜屋




先日、スーパーで買い物をしていると面白い商品を見つけました。

それは元祖長浜屋の袋麺

今回はこの商品のレビューをします。

気になっていた方は参考にしてください。

元祖長浜屋とは?

元祖長浜屋元祖長浜屋とは福岡市中央区長浜にあるラーメン屋。

元祖長浜屋豚骨ラーメンでありながら、麺が少し太めで弾力があるのが特徴。

スープに関しても、豚骨でありながらこってりしすぎず、少しあっさり感がある。

独特の食感・味であるため、長浜ラーメンのファンは多いです。

かくいう私も一時期、長浜ラーメンにハマって足繁く通っていた時期があります。

そんな人にとって、元祖長浜屋の袋麺は非常にそそられたのです。

元祖長浜屋袋麺の中身

ここからが本題。

元祖長浜屋袋麺の中身を見ていきましょう。

元祖長浜屋パッケージの表側↑

左上には「味のマルタイ」の表記が。

そう、このラーメンは元祖長浜屋ではなく、マルタイが製造・販売しているのです。

そのため、パッケージをよく見ると、”元祖長浜屋協力”と記されています。

要は、マルタイが元祖長浜屋の味に近づけて販売しているということですね。

元祖長浜屋パッケージの裏側↑

元祖長浜屋こちらが元祖長浜屋袋麺の中身↑

麺、粉末、調味油が入っています。

麺はノンフライ麺。

麺のゆで時間の目安↓

  • かた 1分30秒
  • 普通 2分
  • やわ 3分

「かた」があるのが、元祖長浜屋っぽいですね。

食べた感想

元祖長浜屋こちらが調理した元祖長浜屋↑

わかりやすくするため、あえて具材は何も乗せていません。

気になるお味ですが、味・麺の食感共に、少しだけ元祖長浜屋の感じがしたという感じでしょうか。

お店で食べるのが100だとすると、袋麺は20弱くらい・・・?

あくまでも個人的な感想になるのですが、そこまで長浜感は感じませんでした。

そして改めて実感したのが、長浜屋のは美味しいということ。

元祖長浜屋そう、中心部に乗っているこのお肉です↑

元祖長浜屋は、替え玉ならぬ替え肉があることでも有名。

やはり肉あってこその元祖長浜屋だと再認識させられました。

そのため、肉のない袋麺はあまり迫力を感じませんでした。

まとめ

前述の通り、個人的にはあまり元祖長浜屋感は感じませんでした。

しかし、遠方に住んでいて久々に長浜ラーメンを食べたいという方にはオススメの一品です。

また、長浜ラーメンファンも一度はトライした方が良いでしょう。

元祖長浜屋の袋麺はスーパーの他、ネットでも購入できます。

袋麺の他、棒ラーメン、カップ麺も売ってあるようです。

気になる方はamazon等でお調べください↓