【アビスパ福岡】怖いほど当たるジンクス「4:1の法則」「5年周期」

アビスパ福岡




16日に行われたJ2第41節。

アビスパ福岡はアウェーで愛媛FCに2−0で勝利し、5年ぶりのJ1昇格を決めました。

今回は、この5年ぶりという数字をピックアップします。

そこには本当に不思議なジンクスがあるんです。

既にご存知の方もいるかと思いますが、改めてアビスパの法則を振り返ります。

4:1の法則

1996年に初めてJリーグに昇格したアビスパ福岡は、2002年に初のJ2降格を経験します。

そこから今回紹介する「4:1の法則」「5年周期」は始まっているんす。

それは、

  • 5年毎にJ1昇格
  • 4年J2 → 1年J1

 

というサイクル。

下記に、2001年以降のアビスパ福岡の成績一覧表を作成しました↓

年度カテゴリー
2001J1
2002J2
2003J2
2004J2
2005J2
2006J1
2007J2
2008J2
2009J2
2010J2
2011J1
2012J2
2013J2
2014J2
2015J2
2016J1
2017J2
2018J2
2019J2
2020J2
2021J1

表を見たらわかる通り、見事なまでに「4:1の法則」が続いています。

今回のアビスパ福岡の「5年ぶりのJ1昇格」は、4期連続でということになります。

怖いほど当たるジンクス

この「4:1の法則」、怖いほど当たります。

実は、サッカーファンの間では数年前から「アビスパは5年毎にJ1昇格する」「4年J2→1年J1」と話題になっていました。

私自身、そのことを知っていただけに2020シーズンが始まる前に「今年はアビスパは昇格するのかな」と、なんとなくですが思っていました。

しかし、2020シーズン開幕後にさすがにそれはないだろうと思うようになりました。

理由は、ありえないほどのアビスパ絶不調

J2第16節を終えだ時点で、アビスパ福岡は6勝4分6敗の17位(22チーム中)

さすがに5年周期のジンクスは今シーズンで終わりだ

そう思いました。

しかし、ここからアビスパの快進撃が始まります。

17節から27節にかけて驚異の12連勝で首位に浮上

その後も好調を維持し、41節の愛媛戦に勝利し、J1自動昇格圏となる2位以内を確定させたのです。

この急展開に驚いた方も多いことでしょう。

気になる2021シーズン

5年ぶりにJ1昇格を決めたアビスパ福岡。

ここで気になるのが、またもや「4:1の法則」。

アビスパは4年かけてJ1に昇格するも、わずか1年で降格してきたのです。

このジンクス通りだと、アビスパはまた一年で降格することになります。

思えば、アビスパはここ20年間、一度もJ1に残留したことがないんです。

J2で戦っている時には励みになるジンクス。

しかし、J1に昇格した瞬間に不気味になるジンクス。

2022シーズンのJ1にアビスパ福岡の姿はあるのでしょうか?

今後も要注目です。