福岡の巨大仏像が30年ぶりにお色直し|写真|慈母観音像

慈母観音像




成田山久留米分院(福岡県久留米市)にある巨大仏像・慈母観音像が30年ぶりにお色直ししました。

今回はリニューアル前後の写真を使って、その模様をお伝えします。

リニューアル前

こちらはリニューアル前の慈母観音像の写真↑

高さは62メートルもあり、久留米地区の至る所から見ることできます。

慈母観音像が建立されたのは1982年のこと。

最近では変色、ひび割れ等があったそうです。

そのため、2021年に大改修が行われました。

慈母観音像こちらは改修時の様子↑

ご覧のように慈母観音像は完全に覆われた状態でした。

改修期間は3月1日〜7月28日。

リニューアル後

慈母観音像こちらがお色直し後の慈母観音像の様子↑

写真では少しわかりにくいかもしれませんが、本当に真っ白でした。

慈母観音像近くから見た慈母観音像↑

高さ62メートル。

真っ白になったことで、さらにその存在感が増したような気がします。

まとめ

以上、30年ぶりにお色直しした久留米にある巨大仏像・慈母観音像についてでした。

思わず「お美しくなられましたね」と言いたくなるような美白でした。

今回紹介した慈母観音像、実は内部に入ることもできるんです。

リニューアル前で今と少し違うかもしれませんが、慈母観音像の内部の様子は下記記事をご覧ください↓

慈母観音像(久留米)|画像で解説|成田山久留米分院|展望台の写真

福岡の仏像【関連記事】

南蔵院に行けば宝くじが当たる?|住職さんの高額当選記録|3つのコツ

柳川の涅槃像【等応寺】普通の涅槃像とは違う?|写真|雰囲気