福岡から東京タワーが見える?

博多から東京タワー




福岡から東京タワーが見える(?)場所がある。

もちろん、本当の東京タワーが見えるわけではない。

福岡と東京は直線距離で約900kmも離れている。

そんなに距離がありながら、高さ333メートルの東京タワーが福岡から見えるはずはない。

しかし、今から紹介する光景は本当に東京タワーっぽく見えてしまうのだ。

今回はその詳細をお伝えしたい。

福岡から東京タワー?

まずは、東京タワーっぽいものが見える場所から。

それはアクロス福岡横の細道だ。

地図だと下記の赤丸部分↓

勘が良い方や地元の方は、もうこれだけで真相が分かってしまうかもしれない。

そう、ここからは博多ポートタワーが見えるのだ。

その写真がコチラ↓

福岡から東京タワーご覧のように遠くには、博多ポートタワーが見える。

ここからイリュージョンを使うと博多ポートタワー東京タワーっぽく見えるのだ。

それがコチラ↓

福岡から東京タワー博多ポートタワーの先端が葉っぱに隠れると、東京タワーに見えないだろうか?

あまりにも馬鹿馬鹿しい発想かもしれない。

しかし、よく見ると本当に東京タワーのように見えるのだ。

葉っぱに隠れている部分には、もっとタワーが続いているのではないかと発想力を掻き立てられる。

そもそも、博多ポートタワーと東京タワーは何故そんなに似ているのだろうか?

そこには意外な接点があった。

博多ポートタワーと東京タワーは兄弟

博多ポートタワー東京タワーが似ている理由は実にシンプル。

設計者が同じ人なのだ。

この2つのタワーを設計した人は、内藤多仲(ないとうたちゅう)という人。

博多ポートタワー博多ポートタワーの展望台には、内藤多仲が設計を手掛けたタワー一覧表がある。

それを見ると、内藤多仲は博多ポートタワー、東京タワーの他にも札幌テレビ塔、名古屋テレビ塔、通天閣、別府タワーも手掛けている。

全て日本にある有名なタワーばかり。

しかも全部今尚、現役だ。

その実績から内藤多仲は「塔博士」と呼ばれたそうだ。

アクロス福岡横から一瞬、東京タワーっぽく見えたのには単なる偶然ではなく、このような背景があったのだ。

因みに、博多ポートタワーの展望台は入場無料で入れるのでお得です。

以上、福岡から東京タワーが見える(?)話でした。

博多ポートタワーの無料展望台が気になる方は下記の「関連記事」をご参照ください。

関連記事

http://www.fukuokatown.com/hakatatower/

http://www.fukuokatown.com/stepgarden-acrossfukuoka/