光雲神社【西公園】パワースポットの場所を地図で解説

光雲神社




最近、パワースポットとしても有名な西公園にある光雲(てるも)神社。

今回は、パワースポットがある場所を中心に光雲神社を紹介していきたい。

地図を使って解説するので、まだ行ったことがない方は是非とも参考にしてほしい。

光雲神社のパワースポットMAP

光雲神社パワースポットの紹介の前に、まずは簡単な光雲神社の場所の案内。

光雲公園は桜の名所で有名な西公園内にある。

上記の写真は、西公園入り口部分。大きな鳥居が目印だ。

大鳥居をくぐって300メートル程の場所に光雲神社はある。

300メートルとは言っても坂や階段があるため、歩くとなると結構きつい。

では、早速、パワースポットの紹介を。

光雲神社のパワースポット光雲神社には3つの大きなパワースポットがある。

それは、「兜」「母里太兵衛の銅像」「ムクノキ」だ。

場所は上図の通り。

それぞれの詳細を写真を使って解説していきたい。

水牛の兜の像・母里太兵衛の銅像

水牛の兜の像光雲神社の鳥居をくぐって真右にあるのが、「水牛の兜の像」。

これはあの戦国武将・黒田長政が愛用したと言われている兜。

この兜のおかげで黒田長政は戦場で命を取り止めたという話もあり、幸運のアイテムとして知られる。

「水牛の兜の像」の近くにある「母里太兵衛の銅像」もパワースポットとして有名(上記写真)。

母里太兵衛は、黒田氏の家臣。黒田二十四騎の中でも特に重用された一人である。

「酒は呑め呑め」で有名な黒田節で謡われる名槍「日本号」を福島正則から呑み獲った逸話でも有名。

母里太兵衛の銅像をよく見ると、右手にその名槍「日本号」を持っているのが分かる。

ムクノキ

ムクノキ展望台へ繋がる橋の前に立つムクノキ。

こちらもパワースポットとして有名。

実は、この周辺は戦時中の福岡大空襲でほとんどの場所が焼失した。

このムクノキも焼けたわけだが、その後なぜか復活し現在に至る。そのことから、このムクノキには病気が治るご利益があると言われ、現在では有名なパワースポットとなっている。

その他、光雲神社の本殿ではお賽銭箱にお金を入れるとタンチョウ鶴の鳴き声が聞こえてくるなどユニークな仕掛けがある。