高宮八幡宮の紹介|パワースポット|基本情報|アクセス|写真多数

高宮八幡宮 本殿




 

高宮八幡宮は天智天皇の時代から続く由緒高き神社です。「西鉄高宮駅」・周辺の「高宮地区」の名前の由来にもなっています。
最近では南区のパワースポットとしても注目されています。特に恋愛運・縁結びにご利益があると言われています。それを象徴するように、境内にはハート型の石が置かれています。
今回は、高宮八幡宮の雰囲気を写真で紹介していきます。

写真で見る高宮八幡宮の雰囲気

高宮八幡宮は住宅街にあります。外観の特徴は緑で囲まれていることです。近隣に高層マンションなどがないことから、少し離れた場所からでも神社を囲む木々を見ることができます。また、入口部分は少し小高い丘になっており、左手を見ると高宮・平尾方面の街並みを見ることができます。

 

高宮八幡宮 全景
緑で囲まれているのが印象的。新緑の季節になると、その青さは増す。

高宮八幡 階段1
鳥居をくぐると階段が。両脇に綺麗に並ぶ灯篭が印象的です。

高宮八幡宮 階段2
階段を上るとフラットな道があり、また階段が。奥にうっすらと見えているのが本殿。


オッショイ! 福岡の神社が面白い 古事記の神様は福岡にいた

高宮八幡宮
階段を登りきると、すぐに本殿が見えています。

手水場
本殿に行く前に手水場があるので、ここでしっかりと清めてからいきましょう。因みに手水場の横にはハート型の石があります。

高宮八幡宮 本殿

こちらが本殿の様子です。本殿横には社務所があります(この写真で見ると、本殿の右側)。社務所ではお守りなども販売されています。尚、社務所の横には隣の坂道と繋る入り口があります。車祓いの際は、そこから車を入れるようです。

高宮八幡 風景
こちらが本殿を背にした風景。ここにもハート型の石があります。奥には絵馬掛けの他、休めるベンチもあります。また、駐車場へと続く階段もあります。

巡り大黒・迎え恵比寿

巡り大黒・迎え恵比寿
本殿の左手には、写真のように「迎え大黒・迎え恵比寿」等が並んでいます。写真右から埴安社、天満宮、大黒様、大国主大神、恵比寿様、庚申、猿田彦大神、庚神、地蔵菩薩、権限大神と並んでいます。各々の場所には小さな賽銭箱も置いてあります。

表記
写真にある白い紙には、下記のように書いてあります(原文ママ)。


敬神家の家には大黒さんと恵比寿さんが毎日訪れるという。

  • 巡り大黒 毎晩信心のある家を訪れて福をもたらす。
  • 迎え恵比寿 お迎えしておもてなしをすると福を授けて下さる。

お参りの作法
一礼をしてお賽銭を上げ、二礼二拍手一礼の後、お願いをする。
自分の自宅の方向に大黒さんと恵比寿さんをゆっくりと向け(回転)、来てもらうようにお願いする。
大黒さん恵比寿さんにはさわらず台を回す。
一回転させないで最短で向ける。回しすぎると迷って来てもらえない。お参りの後はまっすぐ家に帰り、お供えをしてお迎えをすると良い。次の参拝は来てもらったお礼をする。


初詣

高宮八幡宮は初詣先としても有名です。近隣住民の人だけでなく、遠くからも毎年たくさんの人が参拝に訪れます。
以前、元旦0時を回って近くを通った時は、参拝客が階段の一番下まで並んでいて賑わっていました。
尚、元旦といっても朝だと、そこまで並ばずに参拝することができます。

高宮八幡宮 元旦の朝
写真は2018年1月1日の午前中の様子。そこまで並ばずに余裕を持って参拝できました。境内には特設テントがあり、甘酒が振舞われていました。
もちろん、お札・お守りや破魔矢・福寄せなどの縁起物も販売していました。

トイレ

高宮八幡 トイレ
トイレは社務所横にあります。階段を降りた場所にあります。便座式ではありません。


福岡周辺 ご朱印めぐり旅 乙女の寺社案内

アクセス

両方とも写真付きでルートを詳しく解説しています。よろしければご参照ください。

 

駐車場

高宮八幡宮の駐車場」にて写真付きで詳しく解説しています。

 

住所・地図

  • 住所: 〒815-0083 福岡県福岡市南区高宮4丁目9−34
  • 電話番号: 092(522)8435