西日本シティ銀行(博多駅前)解体の様子・写真

西日本シティ銀行




博多駅を出てすぐの場所にあった西日本シティ銀行本店

日本を代表する建築家磯崎新の設計で、全面赤茶色でブロック型の建物はなんとも印象的でした。

その西日本シティ銀行本店も、築50年(1971年完成)ということで老朽化が目立ち、解体されることになりました。

2020年6月をもって旧店舗での営業が終了した西日本シティ銀行本店。

現在はどうなっているのでしょうか?

その様子を写真で見ていきます。

西日本シティ銀行本店解体

西日本シティ銀行本店現在、西日本シティ銀行本店はご覧のような状態↑

建物全体は板で覆われ、解体作業が進んでいます。

西日本シティ銀行本店こちらは建物の真下からの一枚。

解体する際に外を覆う板。

これだけの量があれば結構な迫力です。

西日本シティ銀行本店足場が崩れて下を通る通行人が・・・。

なんてニュースを時々、耳にします。

博多駅前とあって人通りの多い場所。

そのようなことが起きないことを願うばかりです。

縁起でもないことかもしれませんが、上記の「狭い道」「上に物がある」写真を見て、咄嗟にいろんな頃を思ってしまいました。

西日本シティ銀行本店の跡地は?

西日本シティ銀行あの赤茶色の建物の跡地はどうなるのでしょうか?

2025年に地上13F・地下2Fのビルが完成予定です。

新ビルのフロアガイドはこちら↓

階数 内容
10〜13F オフィス
2〜10F 西日本シティ銀行本店
1F 商業施設 
B1F

新しくできるビルに西日本シティ銀行本店は戻ってきます。

ビル1F部分は商業施設になる予定。

博多駅前とあって賑やかになりそうですね。

以上、西日本シティ銀行本店の解体情報でした。

関連記事

昔の西日本シティ銀行本店の様子&新しいビルの概要はこちら↓

西日本シティ銀行

西日本シティ銀行本店(博多駅前)建て替え|2025年に新ビル完成