西日本シティ銀行本店(博多駅前)建て替え|2025年に新ビル完成

西日本シティ銀行




西日本シティ銀行本店の建て替えが決定しました。

新ビルは2025年2月頃に完成予定。

西日本シティビル本店といえば、JR博多駅前にある橙色の巨大ビル。

ランドマーク的存在でした。

今回は、その西日本シティビル本店に関して下記の点を中心にお伝えします。

  • 西日本シティビル本店の基本情報
  • 2025年完成の新ビル

新ビルのフロアガイドもお伝えします。

西日本シティビル本店の基本情報

西日本シティ銀行
西日本シティビル本店は、日本を代表する建築家磯崎新(大分出身)の設計。

完成した当時(1971年)は、旧福岡相互銀行の本店でした。

西日本シティビル本店西日本シティビル本店は、博多駅(博多口)を出てすぐの場所にありました。

その特徴あるデザインから多くの福岡市民に親しまれていました。

しかし、最近では建築から50年が経過しようとし、建物の至る所で老朽化が目立っていたそうです。

当然、改修するとなれば大規模な費用が発生します。

ここで出てきた話が、福岡市の再開発プロジェクト「博多コネクティッド」。

博多コネクティッドとは、ビルの容積率や高さ制限が緩和される福岡市の再開発プロジェクト。

この再開発プロジェクトにより、新しくできる西日本シティビル本店は、より自由のきく大型の建物へと生まれ変わることができます。

新ビルの概要

西日本シティビル
ここで気になるのが、新しく生まれ変わるビルについて。

新ビル完成は、2025年2月頃

建物は地上13F・地下2Fになる予定。

新ビルの延べ床面積は、約5万2000㎡で現在の2倍の広さ。

予定しているフロアガイドは下記の通り↓

階数 内容
10〜13F オフィス
2〜10F 西日本シティビル本店
1F 商業施設 
B1F

新ビルには商業施設も入るようです。

あの箱型の特徴ある建物がなくなるのは残念ですが、ここは新しくできるビルに期待しましょう。

以上、西日本シティビル本店建て替えについてお伝えしました。