マリノアに観覧車が2つあった時代|撤去された観覧車は今?

Sky Dream Fukuoka




 

マリノアシティ福岡に観覧車が2つあった?

福岡市西区にある九州最大級のアウトレットモール・マリノアシティ福岡

マリノアシティ福岡と言えば、大きな観覧車がランドマークとなっている。

マリノアシティ福岡こちらが現在のマリノアシティ福岡の様子。

観覧車の存在感は絶大。マリノアに行って観覧車に気づかない人はまずいないだろう。

しかし、昔は観覧車がもう一つあったと言うから驚きだ。

観覧車が2つあった時代の写真がこちら↓

マリノア観覧車画面左側が今もある観覧車、右側が今はない観覧車。

写真を見て分かる通り、今はなき観覧車の方が大きかった。

それもそのはず、撤去された観覧車「Sky Dream Fukuoka(スカイドリームフクオカ)」は高さ120.0メートル、直径112.0メートルで日本最大の観覧車だったからだ。

2006年に中国に抜かれるまではアジア最大の観覧車としても有名だった。

マリノアにある2つの観覧車のうち1つが撤去されると決まった当時、大きい方と聞いて「そっち?」と突っ込んだ人も多いはず。

それほどインパクトのある観覧車だった。

Sky Dream Fukuokaは今どこに?

気になるのは撤去されたSky Dream Fukuokaのその後だ。どうなったのだろうか?

ここからはSky Dream Fukuokaの基本情報とその後をお伝えしたい。

Sky Dream Fukuokaがあったのは厳密に言うと、マリノアシティ福岡にかつて隣接していたエンターテイメント施設エバーグリーンマリノア内だった。

稼働していたのは、2001年12月15日〜2009年9月26日。

営業が終了した理由は利用者の減少によるもの。

その後、Sky Dream Fukuokaは台湾の企業への売却が決定した。

ここからがすごい。

なんとあの巨大な観覧車を撤去して台湾まで運んだのだ。

現在は台中市にある「リーパオリゾート」と言うリゾート施設で現役で稼働している。

観覧車の新名称は「天空之夢 スカイドリーム」で、台湾一の高さを誇る観覧車として地元民に愛されているようだ。

改めて思う観覧車2つ

Sky Dream Fukuokaこちらは明るい時間帯に撮影した2つの観覧車。

以前、当サイトで福岡天神駅前にある向かい合うカフェを特集し、お互いに目があったら気まずいのではないかと検証した。

この場合、観覧車同士で目が合うという不思議な現象が何度も起こったことだろう。

「観覧車同士で目が合う」

もう文章だけで笑えてしまう現象だ。

おそらくは、どっちの観覧車に乗るかで迷った人も多かったことだろう。

こうやって2つある観覧車を写真で見て振り返ると、改めて異質な光景に思える。

しかし、この光景を見た人は長い間、観覧車が2つあったという事実を忘れないことだろう。