【関門海峡】福岡から見た山口、山口から見た福岡|写真・地図

関門橋




本州と九州を隔てる関門海峡

海峡という名がつくものの、本州〜九州間の距離は実に近いです。

それは、海の向こう側を走っている車が肉眼ではっきりと見えるほどです。

今回はこの関門海峡について、福岡から見た山口山口から見た福岡の写真を使ってお伝えしていきます。

関門海峡の地図

まずは、関門海峡の全体図を地図で見ていきましょう。

関門海峡関門海峡は、上記のように4つの線で繋がっています。

それは、

❶JR山陽本線
❷関門橋
❸関門トンネル
❹新幹線

です。

関門トンネルには、車道と人道があります。

人道にご興味のある方は、関門トンネル人道をご覧ください。

JR山陽本線に関しては、小倉駅〜下関駅は約15分で行き来できます。

そのため、下関から小倉まで仕事で通勤する人も結構多いようです。

福岡から見た山口

それでは、ここからは写真を使って関門海峡の様子をお伝えしていきます。

まずは、福岡から見た山口の様子を。

福岡、山口両県共に展望タワーがあります。

門司港レトロハイマート
こちらは門司港駅近くにある門司港レトロハイマート

門司港レトロハイマートは高層マンションなのですが、31階に展望室(門司港レトロ展望室)があります。

展望室への入場料は大人300円となっています。

因みに、門司港レトロハイマートを設計したのは建築家・黒川紀章です。

こちらは門司港レトロハイマート31階にある門司港レトロ展望室からの風景。

海を隔てた場所が下関になります。

写真左側に写っているタワーは、海峡ゆめタワー(後述)です。

関門橋こちらは同じく門司港レトロ展望室から見た関門橋の様子。

関門橋の全長は1,068メートル。

関門橋近くにある関門トンネル人道の長さは780メートル。

地図を見たらわかる通り、この周辺が一番、関門海峡で狭い場所となっています。

山口から見た福岡

次は山口から見た福岡の様子。

下関にも門司同様、高層タワーがあります。

海峡ゆめタワー下関にある海峡ゆめタワー

高さは153メートルもあります。

入場料は大人600円。

下関には高層マンションが少ないため、かなり際立った存在です。

海峡ゆめタワーこちらが海峡ゆめタワーの展望室から見た福岡の様子。

写真右側に写っているのは、前述の門司港レトロハイマート。

お互いの様子を見ることができるのは、何も展望室からだけとは限りません。

地上からも余裕でその様子を確認することができます。

下関こちらは下関にある唐戸市場近くから門司側を見た様子。

ご覧のように、門司の建物がしっかりと見えます。

もしかしたら、地上から眺めた方が、よりその近さを実感できるかもしれません。

関門橋こちらは関門橋近くから門司方面を見た様子。

海を隔てて福岡とは、ここからわずか1kmしか離れていません。

このレベルになると、福岡を走る車も肉眼で確認できます。

視力の良い人は、門司側から手を振っている人も見えるかもしれません。

まとめ

以上、関門海峡を隔てて、福岡から見る山口、山口から見る福岡でした。

海峡とつくと、津軽海峡、ドーバー海峡のようにかなり長いものをイメージしがちですが、ご覧いただいた通り、関門海峡はすごく狭く近いものです。

関門トンネル人道に関しては、わずか780メートルの距離を、海底トンネルで歩いていけます。

一度、九州を少し違った角度から見てみたいという方は、下関に行ってみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事

【関門トンネル人道】門司〜下関にある歩行者用海底トンネル