筥崎宮の参拝方法|2礼2拍手1礼|おみくじの種類|手水|参道

筥崎宮




三大八幡宮の一つである筥崎宮(福岡市東区箱崎)。

勝負の神様としても有名で、毎年シーズン前には福岡ソフトバンクホークスが必勝祈願に来ます。

筥崎宮の創建は延喜21年(921年)と、その歴史は1000年以上。

今回は、その筥崎宮の参拝方法をご紹介。

主な内容は手水と礼の仕方です。

その他、筥崎宮のおみくじの種類もお伝えします。

参拝方法

手水

まずはお参りの前にお清めをしましょう。

手水場は、鳥居をくぐって右側にあります↓
筥崎宮手水の順番は下記の通り。

①右手で柄杓(ひしゃく)を持って水を汲み、左手を洗う

②左手に柄杓を持ち替え、右手を洗う

③右手に柄杓を持ち替え、左の手のひらに水を汲む。

④汲んだ水を口に含んですすぐ

2礼2拍手1礼

筥崎宮手水で清めたら次は、いよいよ参拝。

筥崎宮の参拝は

22拍手1

になります。

流れは下記の通り。

①軽く会釈をし、お賽銭を投げる

②2礼
深く頭を2回下げる。

③2拍手
拍手する際、右の手のひらを左手に対して少し下げるのがポイント。

④お参り
二回打ちの後、手を合わせてお参り。

⑤1礼 
最後は頭を深く下げて1礼

 

筥崎宮のおみくじ

参拝後の楽しみは、おみくじ。

おみくじは、神社によって種類が異なります。

筥崎宮のおみくじは下記の6種類↓

  • 大吉
  • 中吉
  • 小吉
  • 半吉
  • 末吉

上らか良い順になります。

おみくじの初穂料は50円。

おみくじの種類を見たら分かる通り、筥崎宮のおみくじに「凶・大凶」はありません

これは、「凶・大凶」を引いた人がショックを受けないようにするための配慮。

因みに、半吉が凶、末吉が大凶に相当するようです。

 

参道の真ん中は歩いて良いのか?

筥崎宮筥崎宮は、他の神社同様、参道の真ん中は正中(せいちゅう)となります。

正中とは、神様が通る場所。

よって、基本的に正中を避けるように歩くのが望ましいです。

福岡ソフトバンクホークスやアビスパ福岡の選手は正中を歩いてるではないか?

スポーツファンの方で、そう思う方もいることでしょう。

ホークスとアビスパは毎年、必勝祈願で筥崎宮に参拝します。

その時、選手たちは参道のど真ん中を歩いています。

しかし、これには致し方ない理由が。

大人数で参拝するため、正中を避けて歩くのは難しいんだとか。

因みに、参道のど真ん中を歩いたからと言って、バチが当たるなどということはないようです。

しかし、正中は神様が通る道だということは覚えておきましょう。

以上、筥崎宮の参拝方法でした。

関連記事

 

筥崎宮の鳥居|その後どうなった?|現在の様子・写真