銀天町商店街【雑餉隈】味のある200メートルのアーケード街

銀天町商店街




 

銀天町商店街

難読地名としても有名な雑餉隈(ざっしょのくま)。

今回はその雑餉隈にある銀天町商店街を紹介。

銀天町商店街は、西鉄雑餉隈駅から約100メートルほどの場所にある。

銀天町商店街銀天町商店街の長さはおよそ200メートル。

その中に八百屋、飲食店、文具店、服屋など約50店舗が入っている。

商店街は上記写真を見たら分かるように人通りはまばらだ。シャッターを落ろした店もちらほら目立つ。

しかし、昔、雑餉隈は「第二の中洲」と呼ばれるまでに盛り上がっていたそうで、当時は銀天町商店街も多くの買い物客でにぎわっていたらしい。

銀天町商店街個人的に銀天町商店街で気に入っているのはその構造。

写真では分かりにくいかもしれないが、西鉄雑餉隈駅にかけて少しだけ傾斜があるのだ。

長い商店街は平坦な場所にあるのが一般的。そのような意味では、銀天町商店街は少しレアな商店街かもしれない。

銀天町商店街商店街の中には、このようにレトロで味のあるお店もある。

雑餉隈という地名

ここでちょっとしたトリビア。

雑餉隈という地名は、住所上は博多区には存在しない。

西鉄雑餉隈駅の住所は「博多区麦野」、銀天町商店街の住所は「博多区銀天町」となっている。

では、雑餉隈という地名は一体どこから来ているのだろうか?

実は、「雑餉隈」という地名は博多区に隣接する「大野城市雑餉隈町」から来ているのだ。

古くから博多区南部と大野城市西部の一体のエリアを「雑餉隈」と呼んでいたらしい。

それが馴染んで今では、この周辺一帯を誰もが雑餉隈と呼ぶようになったそうだ。

アクセス


銀天町商店街は西鉄雑餉隈駅からすぐの場所。現在、雑餉隈駅周辺では大規模な高架化工事が行われている。

高架化が完了すれば、銀天町商店街周辺の人の流れも少しは変わるかもしれない。