福岡に出張する時はパスポート持参?僕の中の都市伝説

パスポート




今回は、僕の中での都市伝説をお伝えします。

それは、福岡出張時にパスポート持参という話です。

福岡出張時にパスポート?

これは僕が東京で学生生活を送っていた時の話です。

ゼミの授業が終わると、先生が僕を見て何やら楽しそうに話しかけてきたのです。

先日、福岡へ行ってきましたよ!

どうやら学会か何かで福岡へ行ってきたようです。

先生は僕が福岡出身だと知っていたので、福岡の感想を色々と語ってきました。

そして、話は意外な展開へ。

「福岡に行く際、”パスポートを持ってきてください”と主催者側に言われた時はびっくりしましたよ」

「パスポートをですか?」

驚く僕をよそに、先生は笑顔で話を続けます。

「そう、いきなりパスポートを持ってくるように言われたんですよ。イベントの後の宴会は釜山でやると言われましてね」

「釜山で?」

先生の話をまとめるとこうなります。

福岡で打ち上げをするよりも、フェリーで釜山まで行った方が、物価の関係もあり、安く豪華にできると言われたとのこと。

その打ち上げが相当楽しかったのか、先生は福岡、釜山の思い出を僕に笑顔で語ってきたのでした。

都市伝説の理由

そして、この話は今となっては、僕の中でちょっとした都市伝説でもあるのです。

なぜならば、福岡でイベント、その後、釜山で打ち上げなんて話を他の人から聞いたことがないからです。

それならば先生にもう一度聞けばいいじゃないか?

そう思う方もいることでしょう。

実は、残念ながら、先生は病で数年前に亡くなった為、もう直接確認することができないのです。

博多港国際線ターミナル
情報源がない今、気になったので「福岡〜釜山」のフェリー(ビートル)について調べてみたところ、

  • 所要時間は片道3時間
  • 料金は往復28,00円(通常料金)

という情報が出てきました。

これだけの時間とお金がかかるのに、それ以上のものが待っている釜山での打ち上げとは?

今でも時々、このことを思い出しては、もっと先生に詳しく聞いておけば良かったなと思う次第です。

以上、僕の中での勝手な都市伝説でした。

僕は、以前、ソウルに入ったことがあるのですが、まだ釜山には行ったことがありません。

一福岡県民としては、せっかくフェリーで行ける近い場所なので、いつかは行ってみたいと思っています。

その先で、もしかしたら先生が笑顔だった意味がわかるかもしれません。

関連記事

福岡のラジオで韓国語

福岡で韓国のラジオ放送を受信 → 翻訳アプリを使って訳してみた。

博多港国際線ターミナル

博多港国際線ターミナル(福岡〜釜山)|フロアガイド|展望台