島原へフェリーで行くなら「三池港」「長洲港」「熊本港」どれがお得?

島原




今回は長崎県の島原フェリーで行く方法を特集します。

島原へは下記の3港からフェリーが出ています。

  • 大牟田港(福岡県大牟田市)
  • 長洲港(熊本県玉名郡)
  • 熊本港(熊本県熊本市)

同じ島原行きでも、どの港を使うかで到着港・所要時間・運賃は大きく異なってきます。

上記3港から島原へ行く方法を比較してみました。

どのルートで行くか迷われてた方は参考にしてください。

3港のルート比較

島原へフェリー

3港のルートを地図で表すと下記の通りになります。

少し分かりにくいかもしれませんが、小さな点線がルートです。

島原フェリー
  • 三池港 → 島原港 50分
  • 長州港 → 多比良港 45分 
  • 熊本港 → 島原港 60分

島原には港が2つあります。

島原港は島原鉄道「島原外港駅」から徒歩5分程の場所、多比良港は同じく島原鉄道「多比良駅」から徒歩5分程の場所にあります。

島原港の方が島原の中心部に近いです。

所要時間は上記の通り、3港でそこまで変わりません。

しかし、運賃は大きく異なってきます。

その点も含め、3港の詳細をそれぞれ下記にまとめました。

 

三池港

三池港
三池港〜島原港を結ぶのは三池島原ライン

三池港は大牟田の中心地からは離れた場所にあります。

このルートの運賃は下記の通り。

運賃表

  片道 往復
大人 2300円 4370円
子供 1150円 2190円

残念ながら、このルートはフェリーが小さいため車両は運べません。

三池港三池港の出発場所↑

三池島原ラインのHPにて時刻表・アクセス情報を確認できます。

▶︎ 三池島原ラインのHP

長洲港

長洲港長洲港〜多比良港を結ぶのは有明フェリー

このルートの最大の特徴は運賃が安いこと

初めて有明フェリーのホームページで運賃を見たときは目を疑ったほどです。

気になる運賃は下記の通り。

運賃表

  片道
大人 450円
子供 230円

有明フェリーこのルートのフェリーは結構デカイです。

そのため、車両・二輪車も運ぶことができます

車両・二輪車の運賃はサイズによって変わってきます。

運賃の詳細、及び時刻表、アクセスは有明フェリーのホームページにてご確認ください。

▶︎ 有明フェリーのHP

熊本港

今回紹介する3港で熊本港だけはまだ行ったことがありません。

そのため、情報が文字だけになります。

その点、ご了承ください。

熊本港〜島原港を結ぶのは九商フェリー

運賃は下記の通りです。

運賃表

  片道
大人 890円
子供 450円

このルートのフェリーも大きく、車両・二輪車を運べます

車両・二輪車の運賃はサイズによって異なってきます。

運賃の詳細、及び時刻表、アクセスに関しては九商フェリーのHPにてご確認ください。

▶︎ 九商フェリーのHP

まとめ

島原へフェリーで行く方法をまとめると下記のようになります。

  • 島原には2つの港がある
  • 三池港からは車両を運べない
  • 長洲港だけ運賃が安い
  • どのルートでも所要時間は45分〜60分
  • ルートによって運賃が大きく異なる

ちなみに三池港と長洲港は直線距離で12km程しか離れておらず、車で20分ほどで行けます。

「三池港の方が近い」「でも車を運びたい」という方は、長洲港まで行くのも一つの手でしょう。