上京した福岡民は要注意!「〜でしょ?」はタメ口になる!

東京




今回は、上京した福岡民が気をつけるべき言葉の使い方をお伝えします。

それは「〜でしょ?」です。

「〜でしょ?」はタメ口

福岡で目上の人に「〜でしょ?」を使っても特に変な目で見られることはありません。

しかし、東京で目上の人に「〜でしょ?」を使うと変な目で見られます。

理由は、東京で「〜でしょ?」はタメ口になるからです

例えば、福岡で先輩に対し「先輩も飲み会に行くんでしょ?」と言うと、それは「先輩も飲み会に行くんですよね?」というニュアンス。

しかし、東京の場合、「先輩も飲み会に行くんでしょ?」は、博多弁風に言い換えると「先輩も飲み会に行くっちゃろ?」というニュアンスになります。

よって、福岡民が何も知らずに東京で「〜でしょ?」を目上の人に連発すると変な目で見られるわけです。

かくいう僕も、実は以前、長いこと東京に住んでおり、この「〜でしょ?」で苦い思いをしました。

なんと、「〜でしょ」が東京でタメ口だと気付いたのは、上京2年目のこと。

そう、それまで何も気づかずに先輩などに対して「〜でしょ?」を連発していたのです。

「?」という目上の人の表情に「?」と思ったのは、今でも苦い思い出です。

県外で暮らす福岡出身者は、この点には気をつけましょう。

関連記事

東京から福岡へ戻って驚いたことベスト10

東京から福岡へ戻って驚いたこと【ベスト10】

福岡から上京して驚いたことベスト10

福岡から上京して驚いたこと【ベスト10】