キャナルシティ博多|基本情報|雰囲気|写真|アクセス|駐車場

キャナルシティ博多




今回はキャナルシティ博多の基本情報から雰囲気、特徴までをお伝えしていきます。

写真を使って説明するので、行ったことがない方でも大体のイメージができるかと思います。

キャナルシティ博多の基本情報

キャナルシティ博多とは?

まずはキャナルシティ博多の基本情報から。

キャナルシティ博多は、1996年にオープンした複合商業施設。

場所は、ちょうど博多駅と天神の間(それぞれから徒歩10〜15分程)。

地元民からは「キャナル」の愛称で親しまれています。

テナント数は285店舗

大きなテナントがあるというよりも、小さなテナントがたくさん集まっている感じです。

ジャンルはファッション、雑貨、飲食店など多岐に渡ります。

屋根があるため、雨の日も買い物が便利。

最近ではインバウンド観光客の姿も多く見られます。

ホテルや劇場、映画館なども併設。

「キャナル (canal) 」
「キャナル (canal) 」は英語で「運河」を意味します。

そのため、キャナルシティ博多の地下1F部分には擬似運河が流れています。

ここでは噴水ショーの他、クリスマスが近くなるとイルミレーションも楽しむことができます。

クリスマスイルミネーションは、例年11月中旬〜12月25日まで行われています。

キャナルシティ博多
こちらは大まかなキャナルシティ博多のガイドマップ↑

96年の開業当初は、キャナルシティ博多は上の部分だけでした。

2011年にイーストビル(赤線部分)が新たに誕生。

オープン当初からある建物はB1F〜5F建て。

新しくできたイーストビルは1F〜3F建てとなっています。

それぞれの雰囲気は、下記「キャナルシティ博多の雰囲気」にてご確認ください。

場所・アクセス

住所:〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉1丁目2

アクセス
アクセスの詳細ははコチラをご覧ください。

少し距離はありますが、博多駅、天神からは徒歩10〜15分ほどで行けます。

福岡市営地鉄「中洲川端駅」からは中洲川端商店街経由で行くことができます。

「中洲川端駅〜キャナルシティ博多」の詳細はこちら↓

キャナルシティ

キャナルシティ博多〜中洲川端駅|近道|雨の日に便利

駐車場・駐輪場

キャナルシティ博多こちらがキャナルシティ博多の駐車場の雰囲気。

駐車場は、発券&自動精算方式(画面右下)となっています。

駐車台数は1,519台。

料金・場所の詳細はコチラ

駐輪場に関してはこちらの記事をご覧ください↓

キャナルシティ博多の駐輪場

キャナルシティ博多の駐輪場|第1・2・3・4駐輪場|利用時間・料金

主なテナント

キャナルシティ博多前述の通り、キャナルシティ博多には285ものテナントがあります。

ジャンルは飲食店、ファッション、電化製品、おもちゃ屋、雑貨と幅広いです。

詳細は下記の通り。

主なテナント

  • ラオックス(電化製品店)
  • タイトーステーション(ゲームセンター)
  • ハムリーズ(おもちゃ屋さん)
  • 一蘭(ラーメン)
  • スターバックス(カフェ)
  • H&M(ファッション)
  • ユニクロ(ファッション)
  • MUJI(生活雑貨・カフェ)

※テナント一覧・フロアマップはコチラ

施設

  • グランドハイアット福岡(ホテル)
  • 福岡ワシントンホテル(ホテル)
  • キャナルシティ劇場(劇場)
  • ユナイテッド・シネマ(映画館)

キャナルシティ博多の雰囲気

ここからはキャナルシティ博多の雰囲気・特徴を写真を使ってお伝えしていきます。

キャナルシティ博多キャナルシティ博多は、大きな店舗というよりも、小さな店舗がたくさん集まっています。

写真のように、館内には屋根があります。

よって、雨の日でも買い物がしやすいです。

キャナルシティ博多写真中央部分にあるのは、キャナルシティ博多のシンボル「サンプラザステージ」

サンプラザステージでは、数々のパフォーマンスや音楽ライブなどが開催されています。

キャナルシティ博多人気のあるショーの場合、写真のように4F部分まで人で一杯になることも。

キャナルシティ博多こちらは2011年にオープンしたイーストビル2Fの雰囲気。

元々あった箇所はオレンジを基調としているのに対し、イーストビルは白を基調としたモダンな感じ。

イーストビルには、H&M、ユニクロ、ZARAなどがあります。

キャナルシティ博多以前からあった箇所とイーストビルとは2Fの連絡通路で繋がっています。

1Fから行こうとすると、横断歩道まで遠回りすることになるので、2F連絡通路を使った方がスムーズに行けます。

キャナルシティ博多こちらはキャナルシティ博多・イーストビルの外観。

博多駅(博多口)から歩いて行く場合、イーストビルの方が近いです。

ラーメンスタジアム

キャナルシティ博多キャナルシティ博多5Fにはラーメンスタジアムがあります。

ラーメンスタジアムとは、全国のラーメン店が集まる場所。

19年11月現在、8店舗あります。

ラーメンスタジアムの面白いところは「入替制」であること。

時期によってお店の顔ぶれは違ってきます。

福岡といえば博多ラーメン。

味噌ラーメンや塩ラーメンが食べたくても、福岡市内ではお店が限られています。

全国各地のラーメンを楽しみたい人にとって、ラーメンスタジアムの存在は大きいです。

ラーメンスタジアムの詳細はコチラ

キャナルシティ博多には一蘭がありますが、一蘭は入替制ではないため、5Fのラーメンスタジアムではなく、B1Fの飲食店コーナーにあります。

キャナルシティ博多の余談情報

ここから先は、キャナルシティ博多の余談情報です。

余談内容は下記の3点。

  • インバウンド
  • たくさんのテレビ
  • 土地

インバウンド

キャナルシティ博多はここ数年、外国人観光客が多くなりました。

中でも目立つのが、韓国人と中国人。

あくまでも個人的な感想ですが、韓国人は個人での旅行。中国人はツアー客が多い気がします。

時間帯や場所によっては、日本人よりも外国人観光客が多いこともしばしば。

特に4Fにあるラオックス(電化製品店)は、中国の方が多いです。

ここでインバウンドの凄さを表すエピドードを。

イーストビルの横には、大型バスの駐車場があります。

そのほとんどの利用者はインバウンド観光客。

昔、駐車場の横にあるビルは閑散としていたのですが、今では薬局ができて多くのインバウンド観光客で賑わっています。

たくさんのテレビ

キャナルシティ博多キャナルシティ博多の中心部(場所でいうとスターバックスの上側)には、多数のブラウン管テレビがあります。

キャナルシティ博多テレビの数は100台以上。

これはキャナルシティ博多オープン当初からある風景。

最近では、壊れている(?)のか、一部のテレビは画面が真っ黒。

多くの人は特に気にかける様子はありませんが、個人的には結構な迫力があってお勧めスポットです。

キャナルシティ博多の昔

キャナルシティ博多
広大な敷地面積(43,485㎡)を誇るキャナルシティ博多。

キャナルシティ博多がオープンしたのは1996年のこと。

これだけ広い土地は以前、どのように活用されていたのでしょうか?

現在、キャナルシティ博多がある場所は以前、カネボウ株式会社(当時は鐘淵紡績)の工場がありました。

工場は1959年に閉鎖。

その後は、プールやゴルフ場、駐車場といった形で運営されていました。

転機となったのは1977年。

地元の不動産開発会社がこの土地を買収し、新たな商業施設を建てる構想がスタート。

その結果、誕生したのがキャナルシティ博多です。

キャナルシティ博多はオープンして20年が経った今でも進化し続けています。

今後、しばらくの間は博多の買い物スポットであることでしょう。

キャナルシティ博多関連記事

キャナルシティ博多内にある店舗の記事↓

ハムリーズ(キャナルシティ博多)|英国発の玩具店|日本初出店|12月1日オープン

キャナルシティ博多の駐輪場|第1・2・3・4駐輪場|利用時間・料金

マクドナルド(キャナルシティ博多)|移転オープン

キャナルシティ博多の施設↓

キャナルシティ博多にチームラボの作品

キャナルシティ博多〜中洲川端駅|近道|雨の日に便利