赤坂門市場跡地はオフィスビルへ|現地の写真

赤坂門市場跡地はオフィスビルへ

2016年に老朽化により取り壊された赤坂門市場。

跡地には現在、7階建のオフィスビルが建設中。建物名は「赤坂門市場ビル」で、2019年9月完成予定だ。

大正通り沿いから見た建物の様子。骨組みの部分は既に出来上がっていた(2019年2月上旬撮影)。


少し離れた場所から見た赤坂門市場ビル。場所は福岡市営地下鉄・赤坂駅から徒歩1分の距離にある。

赤坂門市場とは?

赤坂門市場は戦後間もない時期に作られ約70年もの間、赤坂を賑わせた。最盛期には30軒近くものお店があったそうだ。


こちらが赤坂門市場の写真。最後の方は老朽化が進み、かなりレトロな雰囲気になっていた。

それでも閉鎖される直前までフルーツ店、美容院、八百屋、お好み焼き屋さん、定食屋などが営業を続けていた。

特にお好み焼き屋さん「ふきや」は赤坂門市場で40年以上も営業し、その味を求めて多くのファンが足繁く通っていた。

赤坂から地下鉄で一駅先にある天神では現在、「天神ビックバン」と呼ばれる大規模な再開発が行われている。

福ビルは2019年3月末、天神コアは2020年3月末で閉館予定だ。

「老朽化→解体→新しいビル」

という流れがしばらくの間、福岡で続きそうだ。