福岡市宿泊税とは?|2020年4月1日から導入|一人200円 or 500円

福岡市宿泊税




2020年4月1日から福岡市のホテルや旅館に宿泊する際は宿泊税がかかります。

料金は200円 or 500円(宿泊費により異なる)。

今回は、福岡市宿泊税、そして他の自治体での宿泊税について特集します。

福岡市宿泊税とは?

2020年4月1日より、福岡市の宿泊施設に泊まると福岡市宿泊税がかかります。

詳細は下記の通り↓

  • 宿泊料金2万円未満 → 200円(うち県税50円)
  • 宿泊料金2万円以上 → 500円(うち県税50円)

宿泊税は、宿泊者1人1泊につき徴収されます。

宿泊税は、宿泊代金とは別に徴収されます。

例えば、1人で1泊7,000円のホテルに泊まった場合、支払い合計金額は7,200円となります。

福岡市が宿泊税を導入する理由

福岡市は、なぜ宿泊税を導入するのでしょうか?

福岡市のホームページには、以下のように導入目的が記されています↓

今後必要となる「九州のゲートウェイ都市の機能強化」,「大型MICE等の集客拡大への対応」及び「観光産業や市民生活へ着目した取り組み」に要する費用に充てることを目的としています。

MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関などが行う国際会議 (Convention)、展示会やイベント(Exhibition/Event)の頭文字を使った造語のことです。

要は、宿泊税を使ってさらなる都市機能の強化を図るということです。

宿泊税による税収は、年間で約18.2億円を見込んでいるそうです。

全国の宿泊税

日本では既に宿泊税を取り入れている自治体があります。

それは下記の5つ↓

  • 東京都(2002年〜)
  • 大阪府(2017年〜)
  • 京都市(2018年〜)
  • 金沢市(2019年〜)
  • 倶知安町(2019年〜)

カッコ内は宿泊税を導入した年です。

上記を見る限り、2017年に大阪府が宿泊税を導入したのを皮切りに、他の自治体も続いているのがわかります。

気になる宿泊税は、1泊につき100〜500円の間。

倶知安町(北海道)のみ、宿泊料金の2%となっています。

尚、2020年4月1日からは、福岡市のみならず、福岡県全体でも宿泊税が導入されます。

福岡市以外の宿泊税は、宿泊料金に関わらず、一律で1泊200円となっています。

4月以降に福岡の宿泊施設を使う予定のある人は気をつけましょう。

以上、福岡市宿泊税についてでした。